COAS の 場作り

馬のいのちを大事にすることで

リッチな場が生まれる

COASが理想とするのは、

「暮らし」と「学び」と「仕事」が融合する場所

 

そこにいるだけで

いのちが輝きを増し、成長を促すような場所

 

そこは決して緊張を強いる場所ではなく

「ただいま」といえる場所

 

牧場では「馬のいのち」を大事にします

馬のいのちを大事にすると・・・

 

まず、早寝早起きは必須!

自分がととのっていないと馬が死んでしまいます

 

なにもかもが 

「べき」ではなく

もしかしたら「やりたい」でもない・・・

「そうせずにはいられない」

状態になります

 

 

馬のいのちに必要な食べ物はなに?

そのための自然環境はどんな風?

 

馬にとって快適な環境を目指すと

おのずと人の暮らしも

周りの命たちと調和を目指し

手作り・手仕事が中心になります

 

 

暮らしにルーティンが生まれ

馬も人もリズムよく寝て起きて、食事をして、身体を動かす・・・ 

 

身の回りを掃き清めることも暮らしの一部として広がっていきます

   

日々の食事は近くの畑から

テーブルには庭の花

感覚や思考を豊かにする音楽、絵画、写真、本…

 

すべてが関連して

リッチな暮らしのオーガニックサイクルが回り出し

真の美しさが生まれる

 

そんな場づくりを目指しています