馬は接する人の姿を映す“鏡”のようなもの

牧場にいるのは小型の馬でも体重は約400kg、大型の馬なら1トンを超える。近づいてくると想像以上に大きく、最初は少し恐怖感も覚える。だが慣れてくると、馬の側も言語以外のあらゆる感覚を使って人間を観察し、反応していることがわかってくる。

馬には、特に研修の「先生」としてふさわしい特質がたくさんあると小日向さんは説明する。

「まず、馬は特定の人を覚えてなついたりはしません。その時々に、そのときの相手のふるまいに対してストレートに反応します。基本的に“一期一会”で生きています」

つまり犬のように、飼い主には従うがほかの人のいうことはきかない、ということがない。指示の出し方が正しければ、相手が大人でも子どもでも同じように指示に従う。だから研修では、さまざまな人が馬を相手に、自分の指示の出し方を試すことができる。

さらに、馬には相手の意図を読み取って同調するミラーリングという特性があるという。人間同士が相手の言葉づかいやしぐさを真似するようなものだが、馬はもう少し深いところまで感じ取っているのではないかという。


牧場にいるのは小型の馬でも体重は約400kg、大型の馬なら1トンを超える。近づいてくると想像以上に大きく、最初は少し恐怖感も覚える。だが慣れてくると、馬の側も言語以外のあらゆる感覚を使って人間を観察し、反応していることがわかってくる。

馬には、特に研修の「先生」としてふさわしい特質がたくさんあると小日向さんは説明する。

「まず、馬は特定の人を覚えてなついたりはしません。その時々に、そのときの相手のふるまいに対してストレートに反応します。基本的に“一期一会”で生きています」

つまり犬のように、飼い主には従うがほかの人のいうことはきかない、ということがない。指示の出し方が正しければ、相手が大人でも子どもでも同じように指示に従う。だから研修では、さまざまな人が馬を相手に、自分の指示の出し方を試すことができる。

さらに、馬には相手の意図を読み取って同調するミラーリングという特性があるという。人間同士が相手の言葉づかいやしぐさを真似するようなものだが、馬はもう少し深いところまで感じ取っているのではないかという。