会社紹介


COASが目指す社会

COAS(コース)は、「人々がしあわせに働き、しあわせな社会を生み出す」ことを目指します。

 

このような社会は、皆がそれぞれに個性を発揮し、好き勝手に生きて、でも、社会(群れ)として調和している状態だと考えています。

 

このような状態を実現するためには、はたらく人が「感覚感性をひらき、自分らしさを取り戻す」こと、「自分らしさを取り戻すことで、本来持っている力が発揮できるようになる」こと、同時に、「他者への寛容性を取り戻し、他者と共振する感覚を得る」ことが大切であると考えます。

 

COASはそのためのプログラムと場を提供することを、ミッションとしています。

COASがこだわる場づくり

COAS(コース)の主は馬。馬の幸せを第一とした、仕事×学び×暮らしが融合するコミュニティを作ることで、結果として人間が癒され、自分を取り戻し、成長することができる場づくりを目指しています。ピリカの丘牧場は、この場作りを実践する、COASのモデル牧場です。

会社概要

株式会社COAS(コース)は2016年に設立。欧米発の馬を使ったセラピー&人材育成メソッドを日本に初めて導入し、独自にプログラム化しました。過去数年間で、大手企業延1300名以上のビジネスパーソンにサービスを提供してきた実績があります。代表の小日向は、欧米の最先端メソッドを体験し、米国の国際資格EAGALAを持つ唯一の日本人です。

 

・会社名     株式会社COAS

・設立            2016年6月

・代表取締役社長 小日向素子

・資本金                 3,000,000円

・本社                     東京都目黒区中央町

・事業所                 札幌市西区小別沢149-2 ピリカの丘牧場

 

創業者/CEO

小日向素子(Kobinata Motoko)

日本電信電話株式会社入社。その後外資系に転じ、マーケティング、ブランディング、新規事業開発、海外進出などを担当。2006年にはグローバル企業の日本支社マーケティング部の責任者に、全世界で初めて女性及び最年少で就任し、2年で組織再生を果たす。2009年に独立。暮らしと仕事と学びが重なる、をテーマに活動を開始。馬の研修と出会い、国内外の牧場で学びと実践を深める。2016年に株式会社COASを設立。この時期、2年をかけて日本、スイス、米国等の専門機関にて組織開発、リーダーシップ、キャリアコンサルティング、コーチングについても勉学。大手企業研修に、ファシリテーター&プログラムマネージャーとして参画するなどして実績を積む。2017年、札幌に自社牧場を持ち、馬の力を借りたオリジナルプログラムを、株式会社資生堂、アウディ・ジャパン株式会社等で本格導入。2020年、馬から学ぶ企業研修の提供に加え、COASのメソッドをhorsenseiとして体系化&普及させる「認定プログラム」をスタート。第1回認定プログラムを2020年11月に5日間で実施し、翌月に認定試験を実施。5名の認定者を輩出した。

※horsenseiというワードは、スタンフォード大学ビバリー博士が生み出した造語。ビバリー博士との親交を通じ、本ワードの使用許可を得ている。

 

馬研修バックグラウンド

・EAGALA認定ファシリテーター(Equine Specialist/Mental Health Specialist)ー両方を保有するのは日本人では小日向のみ

・リンダ・コハノフ氏「Power of Herd」プログラム修了

・ジュリア・フェルトン氏「Equine Coaching」プログラム受講

・スタンフォード大学准教授ビバリー・ケイン博士 プログラム受講

・アラン・ハミルトン博士 プログラム受講